事業承継の税制を理解していますか?

経 営者自身が勇退される時期が近づくにつれて、考えなくてはならないのが「事業承継」です。 事業承継とは一般的には同族会社のオーナー社長が事業を継承することです。 ただ事業を継承するといっても簡単ではありません。 経営権自体を引き継ぐわけですから、経営者ご自身の最後の大仕事といっても過言ではないでしょう。 一番頭を悩ませることになるのが会計や税制の面ではないでしょうか。 当たり前ですが経営者というのは(一般的には)会計分野の専門ではありません。 また法人における相続は個人の相続と違い、税制が極めて複雑です。

事業承継

事業承継

単純に相続税や贈与税といった税制の問題のみならず、株式の評価などは一般の方では当然 対応できないでしょう。 やっかいなことに税制自体目まぐるしく変化します。 例えば先日発表された平成25年度税制改正大綱には「事業承継税制の見直し」が盛り込まれました。 これらは相続税と贈与税の納税猶予に関する税制の変更なのですが、簡単に言ってしまうと経営者に税制の後押しをするような有利な変更です。こういった制度 についても知っているか知らないかという「情報」の差で大きく損をしてしまうことがあり得ます。 このような「情報」を入手するためにも事業承継のセミナーなどで情報を常に入手することが大切です。 また単純に事業承継の税制の知識に長けているだけでも不安です。

事業を継承するということは経営権を継がせることです。その場合、知識はもちろん重要ですが、同じくらい大切なのは実際に事業承継に関わった経験ではない でしょうか。 例えば経験があれば「このケースは自分自身の家族に相続させるよりもM&Aなどの制度を利用したほうがいい」などといった判断ができます。 やはり事業承継に関わった経験がなければそのような判断はできません。 自社の事業承継をする場合、やはり事業承継に精通したプロのアドバイザーの存在が大切になってきます。 そのようなアドバイザーがいることで自社の事業承継をスムーズにすすめることができるのではないでしょうか。 http://xn--j2r801ab2u4ia.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Translate »